ボトックスの副作用が気になるなら【腕の良いドクター選びが大切】

安心できる美容整形

医者

特徴を詳しく知る事が大事

美容整形クリニックで初めてボトックスを注射する場合、副作用などの心配をする人がいるかもしれません。ボトックスはボツリヌス菌という食中毒菌から精製した薬品を使う治療です。食中毒菌ということで不安を感じてしまう人もいますが、毒素の影響などは全くない安全な薬です。副作用の心配はないといっても注射をするときに痛みなどの心配もあります。しかしこれは部分麻酔を使うので痛みはほとんど感じません。施術後には患部に皮下出血や腫れなどが出る場合もあります。これも個人差がありますがそれほど心配するほどではありません。これらは数日程度で消えてしまいますし、気になる場合はメイクで隠すこともできます。また副作用がほとんどないといっても体質によって頭痛や発熱、吐き気などが出る場合もあります。このようなことはめったにありませんが、その原因は薬物を異物と感じた体が示す反応です。このような症状が出たらすぐに医師に相談することが大切で、それに対応した処置を行ってくれます。しかしこれらも心配するほどではなく、薬液が体になじんできたら、症状は次第に落ち着いてきます。またボトックスは筋肉に作用する薬なので施術後は笑顔がうまく作れなくなるのではと考える人もいます。しかしそのようなことがないように医師は薬液の量や注射する場所や深さなどを調整して施術を行います。そのため施術後も自然な笑顔をつくることができるのです。しかしボトックス注射をした後は薬液が定着するまで患部を必要以上に触ったりしないことが大切です。ボトックスを注射することのメリットはたくさんあります。まず代表的なものは眉間や額、首筋などのシワ取りでアンチエイジングに役立っています。また顔のエラの原因となる咬筋に注射することで小顔効果を生み出します。シワやエラ取りだけでなくボトックスは皮膚にハリや潤いを取り戻す美肌効果も生み出すのです。そのほかに薄い唇をふっくらさせたり、鼻に注射して高くさせたりすることもできます。シリコンプロテーゼなどを入れる手術をしなくても注射だけで簡単に鼻を高くすることができるのです。しかも費用も本格的な手術よりもかなり安く副作用の心配もないので学生や若い女性に特に人気が高くなっています。しかも術後に唇の厚さや鼻の高さが気に入らなくなってもやり直しができるのが利点です。形が気に入らなくてもボトックスは効果が数か月から半年で自然に薄くなっていきます。そのため効果がなくなる頃に再治療を受けることができます。またボトックス注射は汗を止める効果も抜群で、多汗症の治療にも役立っています。多汗症の原因となるのはエクリン汗腺で、治療するにはこれを除去することが必要です。しかし皮膚を切開するのが怖い、費用が心配だなどと言って本格的な手術にためらいを持つ人もいます。けれど注射をするだけで治療できるのでそんな悩みも解消できます。注意しておかなければならないのは、効果を持続させるには定期的な治療が必要だということです。ボトックスは副作用のほとんどない安全な薬ですが、その特徴を知ったうえで治療を受けることが大事です。